2014年1月30日木曜日

jinja2のcallブロック

callブロックを実行するとcallで指定した関数がキーワード引数"caller"が追加されて呼び出される。

callerの中身は関数で呼び出すとcallブロック内のテキストが取得できる。

戻り値に文字列を設定するとその文字列が出力される。

0 件のコメント:

コメントを投稿